【前立腺がん:術前治療】「アンドロゲン除去療法+ドセタキセル→手術」vs「手術」

高リスクの人が術前補助療法の実施の是非を考える場合、「アンドロゲン除去療法+ドセタキセル」治療による術前補助療法を選択しても3年生化学的無増悪生存率の向上は期待しにくい。

化学療法中に26%の人がグレード3、11%の人がグレード4の有害事象を経験した。

「アンドロゲン除去療法+ドセタキセル」治療を選択することで、生化学的無増悪生存期間(HR 0.69; 95% CI 0.48-0.99)、無転移生存期間 (HR 0.70; 95% CI 0.51-0.95)、生存期間 (HR 0.61; 95% CI 0.40-0.94) の延長が期待できる。

【発表】

2020年7月24日

【試験名】

CALGB 90203(Phase 3)

【原著】

J Clin Oncol. 2020 Jul 24 [PMID: 32706639]

【外部リンク】