【ALK陽性肺がん:三次治療】ジカディア

プラチナ製剤と「ザーコリ」治療の両方を受けたことがある、ALK融合遺伝子陽性の人では、「ジカディア」治療を受けることで腫瘍縮小効果が期待できる。試験では「ジカディア」治療を受けた人の38.6%で奏功し、無増悪生存期間は5.7ヵ月であった。この試験には140人中24人が日本人。

有害事象の大部分がグレード1または2であり、主たる有害事象は悪心、下痢、嘔吐。試験では、「ジカディア」治療を受けた人の、それぞれ81.4%、80.0%、62.9%が経験した。

ジカディア」は、日本では2016年3月に「クリゾチニブに抵抗性 又は不耐容の ALK 融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌」を効能 又は効果として承認されたが、本試験は、その際に構築された臨床データパッケージの1つ。

【発表】

2016年7月18日

【試験名】

ASCEND-2(Phase 2)〔NCT01685060

【原著】

J Clin Oncol. 2016 ;34:2866-2873. [PMID:27432917]