【アバスチン既治療乳がん:三次治療】「アバスチン+化学療法」vs「化学療法」

HER2陰性で、一次治療として「アバスチン+化学療法」を受けた人は、二次治療以降も「アバスチン」を続けることで二次治療における無増悪生存期間の延長は期待できるが、三次治療の無増悪生存期間延長や生存期間の延長までは期待できない。

試験では三次治療も継続して「アバスチン」を化学療法に併用された人の半数以上は、3.8ヵ月間増悪せずに生存した。「アバスチン」を併用しなかった人でも2.9ヵ月間増悪せずに生存しており、その差は統計学的に有意ではなかった。

生存期間の延長も期待できず、「アバスチン」を継続して併用された人では19.7ヵ月、「アバスチン」治療を二次治療以降打ち切った人の生存期間は18.7ヵ月であり、その差は統計学的に有意ではなかった。

【発表】

2016年8月8日

【試験名】

TANIA(Phase 3)〔NCT01250379

【原著】

Ann Oncol. 2016 ;27:2046-2052. [PMID:27502725]

【内部リンク】