【腎細胞がん:一次治療(OS)】「インライタ」vs「ネクサバール」

転移性腎細胞がんの人が初めての治療を考える場合は、「インライタ」治療を選択しても「ネクサバール」治療を選択した場合に比べて無増悪生存期間だけでなく、生存期間の延長も期待しにくい。

試験では「インライタ」治療を受けた人の半数が21.7ヵ月生存したが、「ネクサバール」治療を受けた人は23.3ヵ月生存した。この差は統計学的に有意な差ではなかった。

【発表】

2016年5月27日
【試験】

Phase 3

【原著】

Clin Genitourin Cancer. 2017 ;15:72-76.  [PMID:27498023]

【内部リンク】