【HER2陽性胃がん:二次治療】「ハーセプチン+パクリタキセル」

既に治療を受けたことがある人でも、HER2陽性であれば「ハーセプチンパクリタキセル」治療を選択することで、効果が期待できる。

試験では「ハーセプチンパクリタキセル」治療を受けた37%の人に効果がみられ、半数の人が増悪することなく5.1ヵ月以上生存し、半数の人が17.1ヵ月以上生存した。

グレード3または4の有害事象は、好中球減少症(32.6%)、白血球減少症(17.4%)、貧血(15.2%)、低アルブミン血症(8.7%)。

【発表】

2016年8月13日

【試験】

JFMC45-1102(Phase 2)

【原著】

Int J Cancer. 2016 Aug 13. [PMID:27521503]