【大腸がん:一次治療(OS)】「FOLFIRI+アービタックス」vs「FOLFIRI+アバスチン」

KRASエクソン2野生型の人が初めての化学療法を考える場合、「FOLFIRIアービタックス」を選択することで生存期間の延長が期待できる。

試験では「FOLFIRIアービタックス」を受けた人の半数が33.1ヵ月以上生存しており、「FOLFIRIアービタックス」を受けた人の25.0ヵ月に比べると統計学的に有意な延長が認められた(p=0.0059)。

【発表】

2016年8月26日

【試験名】

FIRE-3 (Phase 3) 〔NCT00433927

【原著】

Lancet Oncol. 2016 ;17:1426-1434. [PMID:27575024]

【内部リンク】

【外部リンク】