【脳転移肺がん】「デキサメタゾン+支持療法」vs「全脳照射+デキサメタゾン+支持療法」

脳転移がある人は「全脳照射」をしないという選択をしても、「全脳照射」をした場合に劣らない「健康な人の1日に換算した生存日数」を過ごせる。

「健康な人の1日に換算した生存日数」は「QALY日」という単位で示されるが、試験では「全脳照射デキサメタゾン+支持療法」を受けた人では46.4 QALY日を過ごすことができたが、「デキサメタゾン+支持療法」だけを受けた人でも41.7 QALY日を過ごすことができ、非劣性が示された。

全脳照射デキサメタゾン+支持療法」を受けた人の半数は9.2週間以上生存し、「デキサメタゾン+支持療法」だけを受けた人の半数も8.5週間以上生存した。

【発表】

2016年9月4日

【試験名】

QUARTZ(Phase 3)

【原著】

Lancet. 2016 ;388:2004-2014. [PMID:27604504]

【外部リンク】