【悪性黒色腫:一次治療】「キイトルーダ」vs「ヤーボイ」

初めての免疫療法を考える場合、「キイトルーダ」単独治療を選択することで、「ヤーボイ」単独治療を選択するより無増悪生存率、生存率の向上が期待できる。

試験では治療開始6ヵ月後に「キイトルーダ」治療を2週ごとに受けた人の47.3%が、3週ごとに受けた人の46.4%が増悪なく生存しており、「ヤーボイ」治療を受けた人の6ヵ月無増悪生存期間26.5%を大きく上回った。

6ヵ月生存率については、「キイトルーダ」治療を2週ごとに受けた人の74.1%が、3週ごとに受けた人の68.4%が生存しており、「ヤーボイ」治療を受けた人の6ヵ月生存率58.2%を上回った。

奏効率については、「キイトルーダ」治療を2週ごとに受けた人の33.7%が、3週ごとに受けた人の32.9%が治療に奏効し、「ヤーボイ」治療を受けた人の奏効率11.9%を大きく上回り改善した。

グレード 3~5 の治療に関連した有害事象は、「キイトルーダ」治療を2週ごとに受けた人の13.3%、3週ごとに受けた人の10.1%が経験したが、19.9%の人が経験した「ヤーボイ」治療に比べて低かった。

試験に参加した人には1ラインの薬物治療(BRAF阻害剤+MEK阻害剤、化学療法など)を受けていた人が34%含まれている。

【発表】

2015年4月19日

【試験名】

KEYNOTE-006(Phase 3)〔NCT01866319

【原著】

N Engl J Med. 2015;372:2521-32. [PMID:25891173]

【外部リンク】