【大腸がん:二次治療】「リポソーム化イリノテカン+5-FU+ロイコボリン」vs「イリノテカン+5-FU+ロイコボリン」

エルプラット」ベースの化学療法が無効であった人では、「5-FUロイコボリン」の併用薬として「リポソーム化イリノテカン」を選択することで、「イリノテカン」を選択するよりも奏効率の改善が期待できる。

【発表】

2016年1月24日

【試験名】

PEPCOL(Phase 2)

【原著】

Cancer Med. 2016 Jan 24.