【急性骨髄性白血病:一次治療】「ビダーザ」vs「従来治療」

65歳以上で、骨髄芽球>30%の新たに診断された急性骨髄性白血病の人は、「ビダーザ」治療を選択しても生存期間の延長は期待しにくい。

試験では「ビダーザ」治療を受けた半数の人が10.4ヵ月以上生存し、従来の治療を受けた半数の人は6.5ヵ月以上生存した。この差は統計学的に有意ではなかった。

【発表】

2015年5月18日

【試験】

Phase 3〔NCT01074047

【原著】

Blood. 2015;126:291-9. [PMID:25987659]