【頭頸部がん】キイトルーダ 200mg(3週毎投与)

頭頸部扁平上皮がんの人は、「3週ごとのキイトルーダ 200mg」治療を選択することで奏功が期待できる。

追加試験の一部として、3週間ごとに「キイトルーダ 200mg」を受けた人たちがいたが、これらの人たちに限定した解析が評価された。評価にあたり、PD-L1発現を考慮しなかった(PD-L1陽性の人とPD-L1陰性の人が含まれていた)。

この治療を受けた18%の人で奏功が得られ、6ヵ月無増悪生存率は23%、6ヵ月生存率は59%であった。

治療に関連したグレード3以上の有害事象は9%の人が経験した。

【発表】

2016年9月19日

【試験名】

KEYNOTE-012 Expansion Cohort (Phase 1b)〔NCT01848834

【原著】

J Clin Oncol. 2016 ;34:3838-3845. [PMID:27646946]

【内部リンク】

【外部リンク】