【去勢抵抗性前立腺がん(肝転移):二次治療】「イクスタンジ+アンドロゲン除去療法」vs「アンドロゲン除去療法」

去勢抵抗性となり、肝臓に腫瘍が転移した人で、ドセタキセルベースの化学療法を受けたことがある人でも、「アンドロゲン除去療法」に「イクスタンジ」追加を選択することで、生存期間の延長が期待できる。

試験では「イクスタンジ」治療を受けることで、1年生存率が20.6%から30.7%に向上。画像上の無増悪生存率は3.0%から11.6%に向上、PSA改善率が4.8%から35.1%に向上。

【発表】

2016年9月20日

【試験名】

AFFIRM(Phase 3)〔NCT00974311

【原著】

Cancer. 2016 Sep 20. [PMID:27648814]

【内部リンク】