【結腸がん:術後治療】「UFT+ロイコボリン」vs「5-FU+ロイコボリン」

手術後の補助化学療法として、経口投与ができる「UFT」を選択しても、静脈注射の「5-FU」を選択した場合と遜色ない5年生存率、5年無病生存率が期待できる。

試験では「UFT+ロイコボリン」治療を受けた人の5年無病生存率、5年生存率はそれぞれ67.0%、78.5%であった。「5-FUロイコボリン」治療を受けた人の5年無病生存率、5年生存率はそれぞれ68.2%、78.7%であった。

毒性も治療間で類似している。試験では「UFTロイコボリン」治療を受けた人の38.2%がグレード3または4の有害事象を経験し、「5-FUロイコボリン」治療を受けた人の37.8%がグレード3または4の有害事象を経験した。

【発表】

2006年5月1日

【試験名】

NSABP C-06

【原著】

J Clin Oncol. 2006;24:2059-64. [PMID:16648506]