【大腸がん:維持療法】「全ての化学療法を一時休薬」vs「オキサリプラチンのみを一時休薬」

FOLFOX」治療を6サイクル実施した後、「全ての化学療法を一時休薬し、増悪した際に再導入する治療」を選択するより、「オキサリプラチンのみを休薬する治療」を選択する方が病勢コントロール期間の延長が期待できる。「オキサリプラチン」の休薬期間中も「5-FUロイコボリン」療法による維持療法は必要。

試験では、「オキサリプラチンのみを休薬し、増悪した際に再導入する治療」を受けた人では、病勢をコントロールできた期間が13.1ヵ月であったのに対し、「全ての化学療法を休薬し、増悪した際に再導入する治療」を受けた人では、9.2ヵ月と短縮。生存期間も23.8ヵ月から19.5ヵ月に短縮、無増悪生存期間も8.6ヵ月から6.6ヵ月に短縮。

【発表】

2009年9月28日

【試験名】

OPTIMOX2

【原著】

J Clin Oncol. 2009;27:5727-33. [PMID:19786657]