【大腸がん:一次治療】「アバスチン+IFL」vs「IFL」

大腸がんの人が初めての治療を考える場合、「イリノテカン5-FUロイコボリン(IFL)」レジメンに「アバスチン」治療の追加を選択することで生存期間の延長が期待できる。

試験では「IFL」レジメンに「アバスチン」治療の追加によって生存期間が15.6ヵ月から20.3ヵ月に延長、無増悪生存期間が6.2ヵ月から10.6ヵ月に延長、奏効率が34.8%から44.8%に向上、奏功期間が7.1ヵ月から10.4 ヵ月に延長。

グレード 3 の高血圧は2.3%から11.0%に増加。

【発表】

2004年6月3日

【試験名】

AVF2107g(Phase 3)

【原著】

N Engl J Med. 2004;350:2335-42. [PMID:15175435]

【外部リンク】