【大腸がん:一次治療】「アバスチン+5-FU+ロイコボリン」vs「5-FU+ロイコボリン」

大腸がんの人が初めての治療を考える場合、「5-FUロイコボリン」レジメンに「アバスチン5mg/kg」治療の追加を選択することで、生存期間の延長が期待できる。

試験では「5-FUロイコボリン」レジメンに「アバスチン5mg/kg」を追加併用することで奏効率が17%から40%に向上、生存期間が13.8ヵ月から21.5ヵ月に延長。倍量の「アバスチン10mg/kg」を追加併用した場合は、奏効率の向上が24%、生存期間の延長は16.1ヵ月にとどまった。

アバスチン」治療の追加で留意する点は、致死的な血栓症イベントの発現リスク、高血圧、蛋白尿、鼻出血の増加。

【発表】

2003年1月1日

【試験】

Phase 2

【原著】

J Clin Oncol. 2003;21:60-5. [PMID:12506171]