【肝細胞がん:二次治療】「コドリツズマブ」vs「プラセボ」

全身治療が無効となった肝細胞がんの人は抗GPC3抗体「コドリツズマブ」治療を選択しても、無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

試験では「コドリツズマブ」治療を受けた人の半数は2.6ヵ月以上増悪なく生存したが、「プラセボ」治療を受けた人の1.5ヵ月と統計学的に有意な差はなかった。「コドリツズマブ」治療を受けた人の生存期間は8.7ヵ月であり、「プラセボ」治療の10ヵ月と差はなかった。

【発表】

2016年4月13日

【試験】

Phase 2〔NCT01507168

【原著】

J Hepatol. 2016;65:289-95. [PMID:27085251]