【頭頸部がん:一次治療】「化学療法+ベクティビックス」vs「化学療法」

頭頸部扁平上皮がんの人が初めての治療を考える場合、化学療法に「ベクティビックス」治療の追加を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験では「ドセタキセルシスプラチン」に「ベクティビックス」を加えることで、5.5ヵ月から6.9ヵ月に延長。生存期間は「ドセタキセルシスプラチンベクティビックス」治療を受けた人では12.9ヵ月、「ドセタキセルシスプラチン」治療を受けた人では13.8ヵ月と治療間で差はなかった。

グレード3または4の有害事象は「ドセタキセルシスプラチン」に「ベクティビックス」を加えることで、56%から73%に増加。

【発表】

2016年8月20日

【試験名】

PARTNER(Phase 2)

【原著】

Oral Oncol. 2016;61:31-40. [PMID:27688102]