【T790M陽性肺がん】タグリッソ

EGFR-TKI治療を受けていたが病勢が進行した人でも、「タグリッソ」治療を受けることで腫瘍縮小効果が期待できる。

特に、T790M陽性の人では61%に腫瘍縮小効果がみられた。

頻度が高い有害事象は、下痢、発疹,悪心、食欲減退。

【発表】

2015年4月30日

【試験】

AURA(Phase 1/2)〔NCT01802632

【原著】

N Engl J Med. 2015;372:1689-99. [PMID: 25923549]

【外部リンク】