【ALK陽性肺がん】ジカディア

ALK融合遺伝子陽性の人では、「ジカディア」治療を受けることで腫瘍縮小効果が期待できる。

以前に「ザーコリ」治療を受けたことがある人でも56%に腫瘍縮小効果がみられた。

【発表】

2014年3月27日

【試験】

ASCEND-1(Phase 1)〔NCT01283516

【原著】

N Engl J Med. 2014 ;370:1189-97. [PMID: 24670165]

ジカディア」は、2015年6月24日、「クリゾチニブに抵抗性のALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発非小細胞肺がん」を効能・効果として承認申請され、2016年2月26日、厚労省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会にて製造販売承認の可否が審議される。

【外部リンク】