【マントル細胞リンパ腫:再発・難治例】「レブラミド」vs「主治医による選択」

再発または難治性のマントル細胞リンパ腫を患っている人でも「レブラミド」治療を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。試験では5.2ヵ月から8.7ヵ月に延長した。

レブラミド」治療によって高頻度に発現したグレード3以上の有害事象は、好中球減少症が44%(vs34%)、血小板減少症が18%(vs28%)、白血球減少症が8%(vs11%)、貧血が8%(vs7%)であった。

【発表】

2016年2月15日

【試験名】

MCL-002; SPRINT (phase 2)

【原著】

Lancet Oncol. 2016 ;17:319-31. [PMID:26899778]

【外部リンク】