【大腸がん:二次治療】「サイラムザ+FOLFOX」vs「FOLFOX」

イリノテカン+フッ化ピリミジン系薬剤が無効となった人が「mFOLFOX-6」レジメンに「サイラムザ」や「イクルクマブ」治療の追加を選択しても、無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

試験では「mFOLFOX-6」治療を受けた人の無増悪生存期間は18.4週、「サイラムザmFOLFOX-6」治療を受けた人の無増悪生存期間は21.4週、「イクルクマブmFOLFOX-6」治療を受けた人の無増悪生存期間は15.9週であり、「イクルクマブ」治療の追加により有意に短縮する結果となった(P = 0.044)。

生存期間は、「mFOLFOX-6」治療を受けた人では53.6週、「サイラムザmFOLFOX-6」治療を受けた人では41.7週、「イクルクマブmFOLFOX-6」治療を受けた人では42.0週であった。

サイラムザmFOLFOX-6」治療の主な有害事象は、倦怠感、悪心、末梢感覚神経障害。「イクルクマブmFOLFOX-6」治療の主な有害事象は、倦怠感、下痢、末梢感覚神経障害。

【発表】

2016年10月11日

【試験】

Phase 2〔NCT01111604

【原著】

Ann Oncol. 2016;27:2216-2224. [PMID:27733377]