【多発性骨髄腫:二次治療】「カイプロリス+レブラミド+デキサメタゾン」vs「レブラミド+デキサメタゾン」

1〜3ラインの治療を受けた人が次の治療を考える場合、「レブラミドデキサメタゾン」治療に「カイプロリス」上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

カイプロリス」上乗せした人の 83.7%に、重度の有害事象が現れ( vs 80.7%)、15.3%の 人が有害事象のため治療を中止した(vs 17.7%)。

カイプロリス」上乗せした人では、健康に関連した生活の質が良好であった。

【発表】

2014年12月6日

【試験名】

ASPIRE(Phase 3)〔NCT01080391

【原著】

N Engl J Med. 2015;372:142-52. [PMID: 25482145]

【内部リンク】

【外部リンク】