【卵巣がん:一次治療(パクリタキセル+カルボプラチン+アバスチン)】パクリタキセル「週1回投与」vs「3週ごと投与」

「パクリタキセル+カルボプラチン+アバスチン」の併用療法において、パクリタキセルの投与間隔を「3週ごと投与」でなく、「週1回投与」を選択しても無増悪生存期間の延長が期待しにくい。

【発表】

2016年2月25日

【試験名】

GOG-0262

【原著】

N Engl J Med. 2016 ;374:738-48.

【内部リンク】

【外部リンク】