【肺がん】「オプジーボ+アリムタ」vs「オプジーボ+アバスチン」vs「オプジーボ+ドセタキセル」vs「オプジーボ」

オプジーボ」と併用する化学療法を考える場合、「アリムタ」や「アバスチン」の併用の選択が無増悪生存期間に関して良い結果が得られそうだ。

日本におけるPhase 1b試験。各治療を受けた人はそれぞれ6名の試験。この試験では「オプジーボ」が10mg/kgの高用量が用いられている(承認用量は3mg/kg)。

試験における無増悪生存期間は、「オプジーボ」単独治療を受けた人で6.28ヵ月、「オプジーボアリムタ」併用治療を受けた人で9.63ヵ月、「オプジーボドセタキセル」併用治療を受けた人で3.15ヵ月。「オプジーボアバスチン」治療を受けた人の半数以上が増悪なく生存していたため、無増悪生存期間(中央値)は未達。

【発表】

2016年10月20日

【試験】

Phase 1b〔JapicCTI-132071〕

【原著】

Ann Oncol 2016; 27: 2242-2250. [PMID:27765756]