【胃がん:術前後治療】「5-FU+エルプラット+ドセタキセル」vs「エピルビシン+シスプラチン+5-FU」

手術前後で補助的に実施する化学療法を考える場合、「5-FUエルプラットドセタキセル(FLOT)」レジメンを選択することで、顕微鏡による病理組織学的な方法によってがん細胞が完全に消失する確率が高くなる。

試験では「FLOT」レジメンの選択が、「ECF」レジメン(または「ECX」レジメン)より病理学的完全奏功率を向上させられるを確かめた。「ECF」レジメンは「エピルビシンシスプラチン5-FU」の併用、「ECX」レジメンは「エピルビシンシスプラチンゼローダ」の併用。

「FLOT」治療を受けた人では病理学的完全奏功率が16%であり、「ECF」レジメン(または「ECX」レジメン)の6%より有意に高かった(p=0.02)。

深刻な有害事象を「FLOT」治療を受けた人の25%、「ECF」(または「ECX」)治療を受けた人の40%が経験した。「FLOT」治療を受けた人に起こった生命を脅かすまたは重症の有害事象は、好中球減少症(52% vs 38%)、白血球減少症(28% vs 20%)、吐き気(9% vs 17%)、感染症(12% vs 12%)、倦怠感(9% vs 14%)、嘔吐(3% vs 10%)。

【発表】

2016年10月21日

【試験名】

FLOT4-AIO(Phase 2/3)〔NCT01216644

【原著】

Lancet Oncol. 2016;Oct.21 [PMID:27776843]

【外部リンク】