【骨転移去勢抵抗性前立腺がん(QoL)】「ゾーフィゴ」vs「プラセボ」

去勢抵抗性で骨転移がある人は、放射性医薬品「ゾーフィゴ」治療を選択することで、生存期間の延長だけでなく、「生活の質(QOL)」の改善が期待できる。

試験では29.2%の人が生活の質が改善。

【発表】

2016年2月23日

【試験名】

ALSYMPCA(Phase 3)〔NCT00699751

【原著】

Ann Oncol. 2016 ;27:868-74. [PMID:26912557]

この試験では、生活の質を「EQ-5D」が用いて評価している。「EQ-5D」は、欧州で開発された、医療従事者でなくとも簡易に測定できる健康関連 QOLの尺度として幅広く用いられている調査表。調査票は 5項目(移動の程度、身の回りの管理、ふだんの生活、痛み・不快感、不安・ふさぎ込み)からなる3段階選択式回答法と VASによる患者の健康状態の自己評価により構成されている。

【内部リンク】