【胃がん:二次治療】「サイラムザ+支持療法」vs「支持療法」

化学療法を受けたことがある人が次の治療を考える場合、「サイラムザ」単独治療を選択することで生存期間の延長が期待できる。

試験では3.8ヵ月から5.2ヵ月まで延長。

サイラムザ」単剤治療による高血圧症発症の割合は16%( vs 8%)。その他の有害事象については、ほぼ同程度であった(94% vs 88%)。

この結果に基づいて、2014年4月21日、米国では「1次治療としてフルオロピリミジン系あるいは白金系ベースの抗癌剤治療を受けた進行または転移を有する胃、胃食道接合部腺癌 」を適応とした「サイラムザ」の単剤投与が承認された。日本においても本試験と『RAINBOW』試験の2つの試験結果に基いて、2015年3月26日、「治癒切除不能な進行・再発胃癌」を対象に製造承認を取得し、同年6月22日に発売された。

【発表】

2013年10月3日

【試験名】

REGARD(Phase 3)〔NCT00917384

【原著】

Lancet. 2014;383:31-9. [PMID: 24094768]

【外部リンク】