【乳がん:術後治療】「化学療法→放射線療法」vs「化学療法」

リンパ節転移陽性の閉経前の乳がんの人は、手術を受けた後「CMF(シクロフォスファミドメトトレキサート5-FU )」レジメン終了後に「リンパ節照射」を選択することで、15年無病生存率、15年乳がん特異生存率の向上が期待できる。

試験では「CMF」レジメン終了後に「リンパ節照射」を追加することで、15年無病生存率が33%から55%に向上(P=0.007)。

乳がん特異生存率は「リンパ節照射」を追加することで、47%から57%に向上(P=0.05)。

15年生存率は「リンパ節照射」を追加しても向上しなかった。「リンパ節照射」を追加した人の54%が15年後に生存していたが、追加しなかった人でも46%が生存していた(P=0.07)。

【発表】

1997年10月2日

 

【原著】

N Engl J Med. 1997;337:956-62. [PMID:9309100]

【外部リンク】