【肺がん:二次・三次治療】「カボザンチニブ」vs 「タルセバ」

1または2ラインの治療を受けたことがある人で、EGFR野生型の場合、「カボザンチニブ」単剤治療を選択することで、「タルセバ」治療を選択するより無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験では、「カボザンチニブ」治療を受けた半数の人が4.3ヵ月以上、増悪なく生存した。これは「タルセバ」治療を受けた人の無増悪生存期間1.8ヵ月に比べて統計学的に有意な差であった。「カボザンチニブタルセバ」併用治療を受けた人の無増悪生存期間は4.7ヵ月であり、「タルセバ」単剤治療を受けた人より、有意に長かった。

主なグレード3または4の有害事象は、下痢、高血圧、倦怠感、口腔粘膜炎、血栓塞栓イベント。

【発表】

2016年11月4日

【試験名】

ECOG-ACRIN 1512(Phase 2)〔NCT01708954

【原著】

Lancet Oncol. 2016 Nov.4

【外部リンク】