【ALK陽性肺がん】ブリガチニブ

ALK融合遺伝子陽性の場合、ALK阻害薬「ブリガチニブ」治療を選択することで、腫瘍縮小効果が期待できる。試験では、ALK融合遺伝子陽性「ザーコリ」未治療例では100%、「ザーコリ」未治療例でも74%、ALK融合遺伝子陽性脳転移ありの人で83%の人が「ブリガチニブ」治療に奏功した。

主なグレード3または4の有害事象は、リパーゼ上昇(9%)、呼吸困難(6%)、高血圧(5%)。治療に関連した重篤な有害事象は、呼吸困難(7%)、肺炎(7%)、低酸素症(5%)。

【発表】

2016年11月7日

【試験】

Phase 2〔NCT01449461

【原著】

Lancet Oncol. 2016 ;17:1683-1696. [PMID:27836716]