【乳がん:一次治療】「アバスチン+パクリタキセル」vs「パクリタキセル」

HER2陰性の人が初めての治療を考える場合、「パクリタキセル」治療に「アバスチン」の追加を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験では「パクリタキセル」治療に「アバスチン」を追加することで、無増悪生存期間が8.8ヵ月から11.0ヵ月まで延長(p=0.0038)。

アバスチン」を追加することで、出血、好中球減少症、高血圧を経験するリスクが高まる。

【発表】

2016年11月4日

【試験名】

MERiDiAN(Phase 3)〔NCT01663727

【原著】

Eur J Cancer. 2017 ;70:146-155 [PMID:27817944]