【尿路上皮がん:二次治療】「サイラムザ+ドセタキセル」vs「イクルクマブ+ドセタキセル」vs「ドセタキセル」

プラチナ製剤治療においても病勢が進行した人でも、ドセタキセルに「サイラムザ」追加を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。試験では2.8ヵ月から5.6ヵ月に延長した。

サイラムザドセタキセル」治療を受けた人の33%で好中球減少症(単独治療=36%)、30%で倦怠感(単独治療=13%)、17%で発熱性好中球減少症(単独治療=13%)、13%で貧血(単独治療=6.7%)が現れた。

【試験名】

JCDC

【原著】

J Clin Oncol. 2016;34:1500-1509.

【外部リンク】