【多発性骨髄腫:二次治療】「リコリノスタット+レブラミド+デキサメタゾン」

既治療、再発または難治性の多発性骨髄腫の人でも「レブラミドデキサメタゾン」治療にHDAC6阻害剤「リコリノスタット」治療の追加を選択することで奏効が期待できる。

試験では「リコリノスタットレブラミドデキサメタゾン」治療を受けた55%の人が奏功した。

主な有害事象は倦怠感と下痢。グレード3の有害事象はそれぞれ治療を受けた18%、5%の人が経験した。

【発表】

2016年9月17日

【試験】

Phase 1b〔NCT01583283

【原著】

Lancet Oncol. 2016;17:1569-1578. [PMID:27646843]

【外部リンク】