【卵巣がん】ルカパリブ

プラチナ製剤感受性のある卵巣がんの人は、PARP阻害薬「ルカパリブ」治療を選択することで、BRCA変異が陽性の人だけでなく、BRCA変異が陰性でも、高度LOHの場合は、低度LOHに比べ「ルカパリブ」の効果が期待できる。

試験では、「ルカパリブ」治療を受けた人のうち、BRCA変異が陽性の人では無増悪生存期間が12.8ヵ月、BRCA変異が陰性でも、高度LOHの人では5.7ヵ月と低LOHの人の5.2ヵ月に比べ有意な無増悪生存期間が認められた。

主なグレード3以上の有害事象は、貧血またはヘモグロビン減少(22%)、ALTまたはAST上昇(12%)。

【発表】

2016年11月28日

【試験名】

ARIEL2(Phase 2)〔NCT01891344

【原著】

Lancet Oncol. 2016 Nov 28. [PMID:27908594]

【外部リンク】