【頭頸部がん:二次治療】「ジェブタナ」vs「メトトレキサート」

プラチナ製剤が無効になった人は「ジェブタナ」治療を選択しても反応が期待しにくい。

試験では、「ジェブタナ」治療を受けた人の13.2%が18週後も増悪なく生存できた。「メトトレキサート」治療を受けた人で18週後増悪なく生存できていた人は8.2%であった。

ジェブタナ」治療を受けた人の半数が1.9ヵ月以上増悪なく生存でき、5.0ヵ月以上生存できた。一方、「メトトレキサート」治療を受けた人の半数が1.9ヵ月以上増悪なく生存しており、3.6ヵ月以上生存していた。

ジェブタナ」治療を受けた人の54%が重篤な有害事象を経験した。「メトトレキサート」治療を受けた人で重篤な有害事象を経験したのは36%であった。「ジェブタナ」治療を受けた17.3%が発熱性好中球減少症を発症した。

【発表】

2016年11月30日

【試験】

Phase 2〔NCT01528163

【原著】

Oncologist. 2016 Nov 30. [PMID:27903924]