【小細胞肺がん:一次治療】「アムルビシン+シスプラチン」vs「エトポシド+シスプラチン」

初めての治療を考える場合、「アムルビシンシスプラチン」治療を選択しても、標準治療に劣らない生存期間が期待できる。

試験では、「アムルビシンシスプラチン」治療を受けた人の半数が11.8ヵ月以上生存できており、標準治療の「エトポシドシスプラチン」治療を受けた人の生存期間10.3ヵ月に劣らないことが示された。「アムルビシンシスプラチン」治療を受けた人の無増悪生存期間は6.8ヵ月、「エトポシドシスプラチン」治療を受けた人の無増悪生存期間は5.7ヵ月であった(p=0.35)。

アムルビシンシスプラチン」治療を受けた人54.4%(vs 44.0%)が好中球減少症を経験した。「アムルビシンシスプラチン」治療受けた人では白血球減少症、発熱、倦怠感が多く発現した。

【発表】

2016年4月9日

【試験】

Phase 3〔NCT00660504

【原著】

BMC Cancer. 2016;16:265. [PMID:27061082]