【乳がん:一次治療】「アバスチン+ゼローダ+ビノレルビン」vs「アバスチン+ゼローダ」

HER2陰性の人は、「アバスチンゼローダ」治療に「ビノレルビン」の追加を選択しても、無増悪生存期間、生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「アバスチンゼローダビノレルビン」治療を受けた人の無増悪生存期間は9.6ヵ月、生存期間は27.2ヵ月であった。一方、「アバスチンゼローダ」治療を受けた人の無増悪生存期間は8.8ヵ月、生存期間は25.1ヵ月であった。

【発表】

2016年2月29日

【試験名】

CARIN(Phase 3)

【原著】

Breast Cancer Res Treat. 2016;156:97-107. [PMID:26927446]