【多発性骨髄腫:一次治療】「ベルケイド+レブラミド+デキサメタゾン」vs「レブラミド+デキサメタゾン」

初めての治療を考える場合、「レブラミドデキサメタゾン」に「ベルケイド」治療追加を選択することで、無増悪生存期間、生存期間の延長が期待できる。

試験では、「レブラミドデキサメタゾン」に「ベルケイド」治療を追加することで、無増悪生存期間が30ヵ月から43ヵ月に延長、生存期間が64ヵ月から75ヵ月に延長、奏効率は72%から82%に向上。

グレード3以上の有害事象は、「ベルケイド」治療を追加することで、75%から82%に上昇、有害事象のため治療が継続できない可能性は10%から23%に上昇。

【発表】

2016年12月22日

【試験名】

SWOG S0777(Phase 3)〔NCT00644228

【原著】

Lancet 2017; 389: 519–27 [PMID:28017406]

【外部リンク】