【胃がん:二次治療】「イリノテカン」vs「Weekly パクリタキセル」

「フルオロピリミジン系+白金製剤」が効かなくなった人は、「イリノテカン」治療を選択しても「Weeklyパクリタキセル」治療より生存期間を延長することを期待しにくい。

「Weeklyパクリタキセル」を受けた人の28.7%にGrade3以上の好中球減少症(イリノテカン:39.1%)、21.3%にGrade3以上の貧血(イリノテカン:30.0%)、7.4%にGrade3以上の食欲不振(イリノテカン:17.3%)が現れたが、これら有害事象の発現率は「イリノテカン」治療より少なかった。

【発表】

2013年11月4日

【試験名】

WJOG 4007

【原著】

J Clin Oncol. 2013;31:4438-44.

【外部リンク】