【乳がん:術後治療(OS)】「アバスチン+化学療法」vs「化学療法」

トリプルネガティブ乳がんの女性は、手術を受けた後、「アバスチン+化学療法」を選択しても、5年生存率は高まらない。

試験では、「アバスチン+化学療法」を実施した人も、「化学療法」のみを実施した人も、5年後に生存していた割合は88%であり、治療間に差はなかった。

【発表】

2016年12月19日

【試験名】

BEATRICE(Phase 3)〔NCT00528567

【原著】

Ann Oncol. 2016 Dec 19. [PMID:27993816]

【内部リンク】