【大腸がん:二次治療】「インライタ+FOLFOX」vs「アバスチン+FOLFOX」/「インライタ+FOLFIRI」vs「アバスチン+FOLFIRI」

一次治療が無効となった人は、「アバスチン」の代わりに「インライタ」を選択しても無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、一次治療で「イリノテカン」を含む治療を受けた人は、「FOLFOXインライタ」治療または「FOLFOXアバスチン」治療を行った。無増悪生存期間は、「FOLFOXインライタ」治療を受けた人で7.6ヵ月、「FOLFOXアバスチン」治療を受けた人で6.4ヵ月であり、治療間に差はなかった(p=0.55)。生存期間もそれぞれ17.1ヵ月、14.1ヵ月であり、治療間に差はなかった(p=0.12)。

一次治療で「エルプラット」を含む治療を受けた人は、「FOLFIRIインライタ」治療または「FOLFIRIアバスチン」治療を行った。無増悪生存期間は、「FOLFIRIインライタ」治療を受けた人で5.7ヵ月、「FOLFIRIアバスチン」治療を受けた人で6.9ヵ月であり、治療間に差はなかった(p=0.83)。生存期間もそれぞれ12.9ヵ月、15.7ヵ月であり、治療間に差はなかった(p=0.88)。

グレード3以上の有害事象を経験した人の割合、それによる治療を中止した人の割合は、「インライタ」を含む治療を受けた人で多かった。

【発表】

2013年12月

【試験】

Phase 2

【原著】

Clin Colorectal Cancer. 2013;12:239-47. [PMID:24188685]