【胃がん:一次治療】「アバスチン+ゼローダ+シスプラチン」vs「ゼローダ+シスプラチン」

「フルオロピリミジン系薬剤+シスプラチン」に、「アバスチン」追加を選択しても「生存期間の延長は期待しにくい。

この結果を受け、アバスチンの「手術不能な進行性または転移性胃がん」への承認申請は取り止められた。

【発表】

2011年8月15日

【試験名】

AVAGAST

【原著】

J Clin Oncol. 2011;29:3968-76.

【外部リンク】