【胃がん:一次治療】「ドセタキセル+S-1」vs「S-1」

化学療法を初めて受ける人は、「S-1」に「ドセタキセル」の上乗せを選択することで生存期間の延長が期待できる。

試験では10.8ヵ月から12.5ヵ月まで延長。

S-1 +ドセタキセル」治療を受けた人で、最も高頻度に現れた有害事象は「好中球減少症」であった。

【発表】

2013年12月24日

【試験名】

START、JACCRO GC-03

【原著】

J Cancer Res Clin Oncol. 2014;140:319-28. [PMID:24366758]

【外部リンク】