【腎細胞がん(日本人):二次治療】「インライタ」vs「ネクサバール」

一次治療が無効になった日本人でも「インライタ」治療を選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験では、「インライタ」治療を受けた人の無増悪生存期間は12.1ヵ月、「ネクサバール」治療を受けた人の4.9ヵ月に比べ、有意に延長。「インライタ」治療を受けた人の52.0%で治療が奏功、「ネクサバール」治療を受けた人で奏効したのは3.4%(p=0.0001)。

インライタ」治療による主な有害事象は、発生困難(68%)、高血圧(64%)、手足症候群(64%)、下痢(56%)。「ネクサバール」治療の主な有害事象は、手足症候群(86%)、高血圧(62%)、下痢(52%)。

【発表】

2013年4月28日

【試験名】

AXIS(Phase 3)〔NCT00678392

【原著】

Jpn J Clin Oncol. 2013;43:616-28. [PMID:23630366]

【内部リンク】