【乳がん:二次治療】「ゼローダ+ドセタキセル」vs「ドセタキセル」

アントラサイクリン系薬剤の治療を受けたことがある人でも、「ドセタキセル」治療に「ゼローダ」の追加を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験では、「ドセタキセル」に「ゼローダ」を追加することで、無増悪生存期間は9.8ヵ月から10.5ヵ月に延長(p=0.03)。

グレード3以上の有害事象は、「ドセタキセルゼローダ」治療を受けた74%の人が経験し、「ドセタキセル」治療を受けた人の76%が経験した。グレード3以上の有害事象について治療間の差は、「ゼローダ」を追加することで手足症候群が0%から7.3%に増加、倦怠感は10.0%から2.4%に、末梢浮腫が7.5%から1.2%に減少。

【発表】

2016年12月22日

【試験名】

JO21095(Phase 3)

【原著】

Breast Cancer Res Treat. 2016 Dec 22. [PMID:28005247]

【外部リンク】