【大腸がん(アービタックス+FOLFIRI不応):二次治療】「アービタックス+FOLFOX」vs「FOLFOX」

FOLFIRIアービタックス」治療後の二次治療を考える場合、「アービタックス」を継続し、「FOLFOXアービタックス」治療を選択しても無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

一方、KRAS、NRAS、 BRAF、PIK3CA野生型の人では、「FOLFOXアービタックス」治療によって無増悪生存期間の延長が期待できる。

【発表】

2016年3月21日

【試験名】

CAPRI-GOIM

【原著】

Ann Oncol. 2016 ;27:1055-61.  [PMID: 27002107]

【外部リンク】