【多発性骨髄腫:二次治療(OS)】「カイプロリス+レブラミド+デキサメタゾン」vs「レブラミド+デキサメタゾン」

1〜3ラインの治療を受けた人が次の治療を考える場合、「レブラミド+デキサメタゾン」治療に「カイプロリス」上乗せを選択することで、無増悪生存期間だけでなく、生存期間の延長も期待できる […]

【多発性骨髄腫:一次治療】「メルファラン+自家造血幹細胞移植+レブラミド+ベルケイド+デキサメタゾン」vs「レブラミド+ベルケイド+デキサメタゾン」

「レブラミド+ベルケイド+デキサメタゾン(RVD)」を用いた寛解導入療法後に、「自家造血幹細胞移植を伴う高用量メルファラン」投与の選択によって、無増悪生存期間の延長が期待でき、自家 […]

【多発性骨髄腫(高齢者):二次治療】「カイプロリス+レブラミド+デキサメタゾン」vs「レブラミド+デキサメタゾン」

治療抵抗性または再発の人でも、年齢にかかわらず、「レブラミド+デキサメタゾン」治療に「カイプロリス」の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。 この分析では、70 […]

【去勢抵抗性前立腺がん:一次治療】「レブラミド+ドセタキセル+プレドニゾロン」vs「ドセタキセル+プレドニゾロン」

ホルモン療法が効かなくなった人が次の治療を考える場合、「ドセタキセル+プレドニゾロン」治療に「レブラミド」治療の追加を選択しても、生存期間はむしろ短縮する。 試験では「レブラミド+ […]