【びまん性大細胞型B細胞リンパ腫:再発予防】「エンザスタウリン」vs「プラセボ」

R-CHOP」治療を受け、完全奏効または未確認完全奏効を得られた人は、再発予防のために「エンザスタウリン」治療を選択しても無病生存率の改善は期待しにくい。

試験では「エンザスタウリン」治療を受けた人の2年無病生存率は78%(vs. 75%)、4年無病生存率は70%(vs. 71%)。2年生存率は87%(vs. 89%)、4年生存率は81%(vs. 82%)。

【発表】

2016年5月23日

【試験名】

PRELUDE(Phase 3)〔NCT00332202

【原著】

J Clin Oncol. 2016 Jul 20;34(21):2484-92. [PMID:27217449]

【さらに詳しく】