【グレード3以上の有害事象発現率:併用薬別】抗PD-1抗体(または抗PD-L1抗体)+他の治療

抗PD-1抗体(オプジーボキイトルーダセミプリマブカムレリズマブチスレリズマブトリパリマブ、 シンチリマブ)または抗PD-L1抗体(テセントリクイミフィンジバベンチオ)と他の治療を併用した場合のグレード3以上の有害事象を経験する確率は、化学療法併用では68.3%、分子標的薬併用では47.3%、他の免疫療法併用では35.9%、放射線療法併用では12.4%である。

【発表】

2021年8月12日

【原著】

Lancet Oncol 2021; 22: 1265–74. [PMID: 34391508]

【こちらの記事も合わせて読む】